女性

ボトックスで小顔 になる【小顔がプチ整形で実現できます】

  1. ホーム
  2. 今すぐに可愛い自分へ

今すぐに可愛い自分へ

顔を触る人

新しいワタシになるには

「新しい自分に生まれ変わりたい」「もっと美しく綺麗になりたい」こうした願望は誰にでもあるものですが、努力するだけでは手に入れられないのもまた事実です。お風呂上がりのセルフマッサージ、ダイエットや有酸素運動などは確かに効果的ですが、限界がありますし、大きな変化を簡単に手に入れられる方法とは言い難いでしょう。しかし実は簡単に小顔を手に入れられる方法があるのです、それは美容外科で受けるボトックス注射です。その名前から想像できるように、ボトックスを顔に注射する方法で、1回あたり数千円〜2万円前後で受けられる非常に気軽な施術方法のひとつ。ドラッグストアや医薬品店で購入することができないため、美容外科クリニックで注射してもらう以外に方法はありませんが、だからこそ劇的な効果が期待できるとも言い換えられます。ボトックスのしくみはとても簡単で、注射した部分の筋肉が一時的に固まり、その部分の筋肉が縮小するため顔がきゅっと小さくなったように見えるというしくみです。小顔になるためにはエラ削りや脂肪吸引という方法もありますが、どれも麻酔をしてメスを使う方法なので負担も大きく、周囲にも施術したことが知られてしまうリスクをはらんでいます。しかし注射であれば知られる可能性は低く、徐々に小顔になっていくので周りからみても自然な変化に見えることでしょう。簡単で安価、それでいて自然に小顔になれるというのがボトックス注射の魅力でもあり、多くの人に利用されている理由のひとつです。新しい自分になりたい、可愛くなりたいと思う人には強い味方とも言えるかもしれません。スタイルをよく見せるためには高い身長や、足の長さが大きく影響します。ですが身長や足の長さを変えることは難しく、そう簡単にスタイルアップを実現することはできないと思われがちでしょう。しかし、顔が小さくなればその分スタイルが良く見えるのもまた事実で、こうしたことからも小顔になれる効果をもつボトックス注射の利用者が絶えないというわけです。美容外科で行われているボトックス注射は、大抵の場合顔に注射をするだけなので一見どこも変わりないと思われがちです。しかし一方で、注射する場所や量によって効果の出方が変わるため、出来栄えがクリニックの医師の腕に左右されるのもまた事実と言えるでしょう。そのため、クリニックを選ぶ時はこれまでの施術件数が多い医師や、カウンセリングにじっくりと時間を取ってくれるような医師が良いかもしれません。さらに使用しているボトックスの薬剤はクリニックによって異なります。日本国内では安全性の高い薬剤が使用されている割合が高いものの、薬剤が違えばリスクや費用が変わるのもまた事実です。そのため、クリニックによっては複数の薬剤を使い分けていることもあり、患者の要望に合わせてボトックス注射のプランを組み立ててくれることもあります。メスを使わなくても、痛みに耐えなくても誰でも簡単に小顔になれる現代は、非常に良い時代と言えるでしょう。だからこそ、クリニック選びはじっくりと時間をかけ、自分のなりたい顔立ちやフェイスラインを具体的にイメージし、医師と一緒に理想の自分を作り上げていくという“自分自身の努力”も怠ってはいけないのです。